前へ
次へ

撮影指示書を前撮りに用意するならわかりやすく

用意無しで撮影に挑むのではなく、前撮りをするにあたり撮影指示書を用意しておいて、2人の理想をカメラマンとも共有をすることです。プロのカメラマンですから、可能な限り新郎と新婦の最高のショットを撮影することに努力は惜しみません。腕前も確かですし上手に良い表情を引き出してくれますが、2人が絶対に写真に残してほしいポーズやシチュエーションはカップルにしかわからないです。このショットは絶対に欲しい、そんな譲れない所があるのであれば、前撮りでは指示書が役に立ちます。あまり欲張り過ぎてたくさんのポーズを指示書に書いてしまうと、カメラマンのほうでも最も欲しいショットはどれか、迷ってしまうので要注意です。参考写真も良いですがあまり指示を過剰に盛り過ぎないこと、2人以外にもわかるような指示書にすることも忘れないようにします。実際に撮影のために指示書を用意しておくなら、参考写真はそれぞれのポーズに1枚で十分です。撮影を本当にしてほしいと願うポーズに関してだけ、指示書に書いておけばまず間違いはありません。

Page Top